Home > Evernoteの容量 > Evernoteの容量制限を気にすることなくノートを追加する方法

Evernoteの容量制限を気にすることなくノートを追加する方法

Evernoteと言えば容量制限なしで利用できる外部記憶の機能を持った

クラウドサービスですが、月間で見た場合は容量の60MB(無料会員版)や

1GB(プレミアム会員版)の容量制限はあります。

ヘビーユーザーなら迷わずEvernoteプレミアム会員版へ登録すると思いますが、それでも

容量が気になったり、無料版でも使いこなしていくうちについつい容量がオーバーに

なりそうで、次の月間に入るまでセーブしながら使用したりする場面もあると思います。

以前は、次の月に更新される日数が表示されていましたが今はアプリのバージョン更新で

次の月までの日数がわからないようになっています・・・

そんなEvernoteが好きでメインノートとして活躍させているユーザーには容量制限を

気にせず利用する方法があります。

パソコンからの使用を前提としていますが、やり方はカンタンです。

それは、ローカルのノートブックを保存容量として利用する方法です。

まず、

①Evernoteデスクトップアプリでローカルノートブックを作成

②Evernoteデスクトップアプリの環境設定で規定のノートブックに指定

③これだけです。

この方法は、パソコンのWebブラウザを閲覧していて気になった記事やお気に入りで

Evernoteに保存しておきたい。というWebサイトをローカルノートブックに保存することが

可能です。

ただ、注意点がありパソコン内のローカルノートブックへ保存しているので、外出先から

ネットでつながるオンライン上では、閲覧ができません。

確認する場合は、そのローカルノートブックにネットワークアクセスできる環境であれば

利用・閲覧することができます。

Evernoteは容量制限が気になる人も多いかと思いますが、この方法で容量制限を

気にすることなくEvernoteを活用していきましょう。

Home > Evernoteの容量 > Evernoteの容量制限を気にすることなくノートを追加する方法

Evernote記事検索
Feeds
Meta

ページ上部へ戻る