Home > Evernote周辺ツール > Evernoteのために開発されたペン 発売後に即完売

Evernoteのために開発されたペン 発売後に即完売

Evernoteはアナログの情報をデジタルに取り込んだりすることが得意な

クラウドサービスですが、今回、Evernoteのために海外で開発されたペンが輸入されて

発売されたNOTEMARKをご紹介します。

一見した印象は、極太のペン。

主にはペンですが、付随する機能としては、

・Evernoteと自動で同期してくれるカメラ

・ボイスレコーダー

・USBメモリ内蔵

これらが1本のペンとなっている製品です。Evernoteのロゴも入っています。

Evernoteを利用していない人からすると使い道の幅が狭そうな製品ですが

よくEvernoteを活用している方は試してみる価値はあるかもしれません。

カメラは、撮影範囲が赤のLEDレーザーで写真撮影部分がレーザー照射されて、画像に

残る部分が赤く囲いがされます。そのごシャッターを押して撮影です。

撮影は少し近未来的な印象があり、画像はJPEGで保存されます。

ボイスレコーダーは専用のボイスレコーダーと比較すると、やはり品質は若干落ちるようです。

雑音も拾い、録音時間もそこまで長くはできないです。

なかかなこれら機能をすべて使う場面にあうことが多くはないと思いますが、逆に常に持ち物として

USBメモリとボイスレコーダーとペンを携帯している、活用している人にとってはオールインワンで

持ち物も減らすことができますし、Evernoteファンなら持っておきたい製品の1つではないでしょうか。

本体は、サイズ:幅20mm×高さ155mm、重量:52g、2時間の充電で

連続使用可能時間は2時間(録音時)となっています。

充電はUSB経由で、対応OSはWindows7/Vista、Mac OS X。

カメラはQXGA解像度(2048×1536ドット)、メモリ容量は0.9GB

Home > Evernote周辺ツール > Evernoteのために開発されたペン 発売後に即完売

Evernote記事検索
Feeds
Meta

ページ上部へ戻る