Home > Evernote機能活用 > EvernoteでOCRを活用した手書きノートのコツと活用法

EvernoteでOCRを活用した手書きノートのコツと活用法

Evernoteには手書き文字の検索機能もついてます。

推測ではありますが背景の線が強すぎたりすると文字認識の精度を下げる可能性があるかもしれません。

特に背景が必要な場合を除いて、シンプルな状態での保存をしておいた方が良いと思います。

 

Evernoteの OCR 技術は、PDF 内のタイプされたテキストを検索可能にするだけでなく、

画像内の手書き文字の検索とインデックス作成も可能です。

手書き文字が見つかりインデックス付けされる確率を高めることもできます。

PDF内のテキスト検索はプレミアム版へのアップグレードが必要となります。

無料版でEvernote内で手書きテキストを検索するならJPGでの保存となります。

 

Evernote でのOCRの仕組み

手書きの単語に対して唯一の一致結果を生成するのでなく、

一致する可能性のある単語をいくつか候補として生成します

 

例えば「flat」と書かれた JPG は「flat」「float」「fiat」などとして複数インデックスされます

Mac ユーザと Android ユーザ、最近はiPadやiPhoneでもアプリが出てますが、

Skitchを使えば画像にメモを書き込むだけでなく書き込みを Evernote の OCR 技術で処理できます。

 

  • 手書き文字を含む画像はPDF ではなく JPG画像として Evernote に追加して下さい。PDF ファイルは、タイプされたテキストを含む文書やスキャンしたページに適したフォーマットです。一方手書きのテキストはPDF ファイルではインデックスが作成されません。
  • 手書きの文字の場合筆跡が明瞭なほど、正確に検索用インデックスされる可能性が高いです文字が雑に書かれ、読みとりにくい場合は、Evernote でも書かれた文字を判別できない場合が多くなります。
アプリを使う場合、手書きノートアプリには最低でも5〜6色くらい色が用意されていると思いますが、

色は多いと見た目も楽しくカラフルな印象を持ちますが、使っているうちに配色が散漫になりやすく見にくくなってしまいます。
Evernoteの1ページを見ている範囲では良いのかもしれませんが数ページにわたって色にばらつきがあると、

見にくくなって統一性も欠けてしまいます。

1~2色くらいに決めて手書きメモをするのがオススメです。

Home > Evernote機能活用 > EvernoteでOCRを活用した手書きノートのコツと活用法

Evernote記事検索
Feeds
Meta

ページ上部へ戻る