Home > Evernote機能活用 > Evernote音声を使った活用連携術 手がふさがった時でも最大限に活用!

Evernote音声を使った活用連携術 手がふさがった時でも最大限に活用!

Evernoteには音声メモ機能があるのでボイスレコーダーとしても使うことができます。

アイデアやひらめきは意図しない時にふっと思いつくこともありますがEvernoteならばすぐに記録するできます。

音楽家や作詞作曲をする方は浮かんだメロディーなどを鼻歌で音声メモということも可能です。

ビジネスシーンでも会議中で思いついたアイデア(会議では発言できない内容など)、外出先やペンとメモが

使えない場所ではEvernoteの音声メモが活用できます。

 

他にもEvernoteの音声機能を使った活用方法をご紹介します。

 

Siriに話しかけた内容をEvernoteの音声へメモする。

 

手順

1.まずはEvernote専用メールアドレス(「@m.evernote.com」というもの)を調べます

  アドレスは設定の「アカウントの概要」で確認できます

2.Evernoteという名前で「連絡先」に登録する

  「Evernote」という名前で連絡先に登録します。よみがなはSiriが認識する際に重要になるので、正しく入力しましょう。

3. Siriに「エバーノートにメールして」と話しかける

  「エバーノートにメールして」と話しかけると件名と本文の内容を聞かれるので、メモしたい内容を話しかけます。

4. 「送信して」と話しかける

  あとは「送信して」と話しかければOK。メールが自動で送信されます。

5. Evernoteにメモ完了!

  これで、Evernoteにメモできました。

この方法を使えばわざわざEvernoteを起動しなくてもメモができて便利です。

片手がふさがっていてスマホ入力ができないという時も、走っている最中や読書中に思いついた時も、

音声認識機能の「Siri」を使い、iPhoneに話すだけでEvernoteにメモすることができます。

 

次はSkypeの音声を保存するアプリ CallNote を使った活用法です。

CallNoteは通話を録音し、通話終了次第すぐに音声ファイルをEvernoteアカウントに自動保存してくれます。

使い方は簡単で

 

1.アプリを起動する。

2.EvernoteタブからEvernoteへログインします。

3.Skypeが起動している間であれば録音開始や録音停止、録音内容の再生が可能です。

  通話前またはPodcastを開始する前にテストできます。Evernoteにアップされるノートには参加者名や通話時刻、

  通話時間が含まれます。

 

この設定をすることで、Skype音声がこれらの手順で自動化でき、通話開始と同時に録音を開始して

通話終了時に録音を終了、録音が終了次第アップロードという流れが可能になります。

または途中でトリガーをトグル し、保存先のノートブックをマニュアル選択できます。

このEvernoteと連携できるようになっていながらも、無料アプリというのがウレシイですね。

 

Home > Evernote機能活用 > Evernote音声を使った活用連携術 手がふさがった時でも最大限に活用!

Evernote記事検索
Feeds
Meta

ページ上部へ戻る