Evernoteで特定のノートを常に上に表示させる方法

Evernoteは外部で記憶する脳としてとても役立つノートです。

電化製品のマニュアルを保存しておいたり、お気に入りCDジャケット

を記憶しておいたりと好きなモノをどんどん溜め込んでおけます。

長期的な記憶としても活用できますが、Evernoteは短期的なTodo

管理としても重宝します。

例えば、今日やるべきこと、今週中、今月でやりたいことなどを

まとめてEvernoteに記憶することができます。

そんな便利な機能をさらに使いこなすためのEvernoteの便利技を

ご紹介します。

特に、短期的な記憶をする際には今日、昨日メモしたノートを

一番上に表示させて常に目に見えるところに置き、忘れないよう

意識を高めることができます。

やり方は、

1.ノートの i ボタンを押して作成日を開く

2.手動で作成日を未来の日付に変更する

3.ノートの並び替えで ”作成日順” に変更

これだけです。

※注意点として、Evernoteのノート並び順が ”更新日” にしてしまうと

常に上に表示させたいノートを変更した際に順番が上に来ないことがあります。

これだけで、Evernoteで管理したいノートやTodoなどが常に上に表示

することができます。

これまでは、自分なりの表示の仕方で ■■今日やること■■など一目見て

パッと目につく表示をしていたりしてましたが、これで大事なEvernoteノートを

いつも上に持ってくることができます。

常に上に表示させたいノートが複数ある場合は各ノートごとに

仕分けして、1つ2つこの設定をすればOKです。

Evernoteはアウトプットも重要! Evernote熟練度をUPさせるコツ

Evernoteは月間の容量が決まってますが、長期的なことを

考えると実質は容量無制限ととらえることもできます。

Evernoteはインプットに優れたクラウドサービスですが、

アウトプットすることで初めて活かすことができます。

物事はインプットだけでなく、アウトプットすることで

成果につながったり、成長を感じられたり、ヒントを得られたり

するものです。

ここでは、通常のEvernoteの検索窓以外でのアウトプットのための

検索方法をご紹介します。

このコツを使いこなすと検索精度を上げるだけでなく、数年間溜めて

おいた自分自身の記憶を効果的にアウトプットにつなげフルに

活用することができます。

その方法はいくつかの種類がありますが、

タグ関連での検索

【 tag:Evernote 】 タグでEvernoteという言葉を含むノート検索
【 -tag:Evernote 】 タグでEvernoteという言葉を含まないノート検索
【 -tag 】 タグがないノートを検索

タイトル名称で検索

【 intitle;Evernote 】 ノートの名称がEvernoteで始まるノート
【 -intitle;Evernote 】 ノートの名称にEvernoteを含まないノート

日付で検索

【 created:20200101 】 ノート作成日が、2020年1月1日以降のノート
【 -created:20200101 】 ノート作成日が、2020年1月1日以前のノート
【 created:day 】 本日作成されたノート
【 created:day-7 】 過去1週間以内に作成されたノート
【 created:day-3 】 過去3日以内に作成されたノート

TODO進捗で検索

【 todo:false 】 未完了のTODOを含むノート
【 todo:true 】 完了TODOを含むノート

Evernoteを普段、通常の検索窓からノート検索している方には

新しい検索方法をいくつも覚えることがけっこう負担です。

まして、Evernoteの使用頻度があまり高くない方だとなおさら

この検索方法を身につけることは難しいのではないのでしょうか。

そこで、検索方法を覚えるのが難しい。という方は、通常の検索窓の下にある

アイコンから検索するキーワードの登録が可能です。

これで、検索にヒットするノートが広がり、精度も上がりよりEvernoteを

活用することができるのではないでしょうか。

Evernoteで保存した後で画像を回転する方法

Evernoteはすべてを記憶する。という通り、

メモでも、ファイルでも音声でも

何でも記憶していきます。

もちろんカメラを使ってのEvernoteスナップショットで風景や人物、

名刺や雑誌、新聞をスクラップ代わりに写真を撮ることもカンタンにできます。

ですが、カメラを撮影する被写体の都合で、Evernoteカメラを縦にしたり

横にしてピッタリに収めようと撮影すると思います。

その後、横のまま保存され、回転させてキレイに保存したいけど、回転が

できない・・・と後になって気づくことも多いと思います。

そこで、今回はEvernoteで保存した画像・写真を回転させる方法を

ご紹介します。

Evernoteのアプリでは画像回転の機能は装備されていません。

ですがOS内臓のアプリケーションを使っての画像回転は可能です。

Windows

1.回転させたい画像を右クリック > [このアプリケーションで開く] を選択

2.[Windowsフォトビューアー or Windows画像とFAXビューアー] を選択

3.ウィンドウの下にある曲がった矢印ボタンで回転させる

4.ファイルメニュー > [終了]

Evenote for Mac

1.画像を右クリック > [このアプリケーションで開く] > プレビューを選択

2.ツールメニュー > [時計回りに回転] を選択

3.ファイルメニュー > 保存 を選択しEvernoteに戻して保存して官僚

Android

1.回転させたい画像があるノートを開く > 画像をタップして開く

2.画像下の矢印(丸で囲まれている)をタップ > [ダウンロードに保存]

3.Android携帯のGalleryアプリを開き、ダウンロードフォルダから画像選択

4.[左に回転] or [右に回転] をタップ

5.Evernoteに行き、回転した画像をクリップを使いノートに追加

iOS

1.Evernoteから回転させたい画像を長押し > 画像のみビュー にする

2.アクションボタン(四角に囲まれた矢印)をタップ

3.画像を回転できる、他のアプリで開きます

4.他のアプリで回転させて保存。

5.Evernoteを開いて回転した画像を入れたいノートを選択

6.ノートエディタ上のクリップボタンをタップし追加

一旦、写真アプリに保存し他のアプリケーションで回転した後に戻します。

以上が、各OSで使えるEvernote写真を回転させる方法です。

Evernote内のノートをキレイに整理したい方は、ひと手間かけて整理

することもできますし、インプットの保存方法はあまり気にしない方は

写真・画像を残すときに、気にしながら撮るほうがいいでしょう。

Home > Archives > 2013-10

Evernote記事検索
Feeds
Meta

ページ上部へ戻る