EvernoteにGmailを自動保存 これで情報の一極集中化に前進

Evernoteの活用法と言うよりもtarpipeでエバーノートを活用する。という内容に

なりますが、十分に活用することでEvernoteを活かす事ができます。

早速、GmailをEvernoteに自動保存する設定方法をご紹介する前に、それぞれの

メリット、デメリットを知っておきましょう。

まずはGmailをEvernoteに保存するメリット

1.iPadやiPhoneだとメール保存が1,000件までしか保存できないので

強力な保存ツールになる。

2.Evernoteのマージ機能を使い、関連するメールを1つに集約することができる。

ここからはGmailをEvernoteに保存するデメリット

1.Evernoteの検索機能で、送信者や件名はすぐに検索ができるが、本文中の

文字検索は少しコツが要る。

2.基本的にメールを自動保存なので量が膨大になる。(整理が大変です)

デメリットの2.であった整理の必要性ですが、特定のノートブックを指定して

Evernoteに保存することができます。そうなると、ノートブック内では整理する必要が

ない場合は非常に管理がラクになります。

 

GmailをEvernoteに自動保存する方法

1.受ける側のEvernoteに特定のノートブックを作成

2.ノートブックの名前は、アルファベットにします(必須)

3.tarpipeを設定する

 

無料サービスの外部サイトです。

http://tarpipe.com/

1.初めに一番右の無料プランをクリック

2.Googleのアカウントでログイン

3.Sign up with your google account をクリック

4.認証をクリック

5.名前とアドレスを入力すればアカウント完了

6.workflowをクリック

7.create a new workflowをクリック

 

あとは、画面の設定にそって紐付けをしていきます。以下は英語サイトなので

解説を記していきますので参考にしてください。

Mailer ・・・出口

MailDecorder ・・・入り口

TextInput ・・・任意のテキストを入力

TextFormatter ・・・テキストを合体させて吐き出す

 

考え方としては、Gmail内で特定の文字を含む件名を出します。

それをEvernoteのメール受信で、Evernoteに保存しますがタグの名前を指定して

入れることができる機能があるのでそれを利用して特定のノートブックに保存。

というのが考え方です。

英語のサービスなので上手く設定がいかないことがあるかもしれませんが、

テストメールなどをしてから本番で活用することをオススメします。

ここまでがGmailをEvernoteに自動保存する基本となりますが、応用ではタグを使い分けたり

様々な自動保存方法も組み合わせることができると思います。

英語の無料サービスなのでとっつきにくいかもしれませんが、一度設定をしておけば

あとはEvernoteへの保存は自動で行ってくれる優秀なツールです。

Home > Archives > 2014-01

Evernote記事検索
Feeds
Meta

ページ上部へ戻る