ホーム > タグ > 容量

容量

Evernoteは容量以外にも制限があった 長期ユーザーは注意したい点

Evernoteは、1ヶ月のアップロード容量(無料会員60MB、有料会員1GB)

以内であれば特にノート数に制限は無いと思っていましたが、実は容量以外で

上限がありました。

Evernoteのノート数に上限があり、ノート数が100,000ということです。

容量を気にせず備忘録としてや、メールのバックアップのつもりで何でも

かんでもEvernoteに入れている人は、深刻な問題なんだと思います。

今すぐ容量もそうですが現在のノート数を確認されることをオススメします。

※上限に達するとフリーズしてしまう・・という情報もあります。

今のところ10万ノートという制限がかかってはいますが、今後成長するにつれて

ノート数や容量など増えたりもするかと楽観的に考えることもできますが、

ノート数の上限は10万から増える予定はない!

という情報をEvernote社から得た方もいるようです。

Evernoteの同期の遅さ、不安定さも自分は容量が多いからかな?とこれまで

みなさんも感じていたところでもありますが・・・

Windowsでもひとつのフォルダに数万ファイルを入れると、容量が増えて途端に

レスポンスが低下したりします。

そこで、容量は大丈夫でもEvernoteノート数の上限を超えた方、間近に

せまっている方のためへ対策法をご紹介します。

1.Evernote無料アカウントをもう1つ作りましょう。

2.現在使用中のアカウントから新アカウントへノートを移動させます。

  ①Evernoteクライアントソフトを立ち上げます。

   (ブラウザからではできないようです。)

  ②適当なノートを選択して右クリック。

  ③ノートのエクスポートを開きます。

  ④きちんと選択した数が表示されていることを確認して.enex形式で

   適当な場所へエクスポート。

  ⑤エクスポート完了後、一度ログアウトして、新規アカウントの方でログイン

  ⑥適当なノートブックを作成して、先ほどのエクスポートしたファイルを

   ドラック&ドロップ

3.これでノートが作成されます。

4.最後にノートの共有設定をします。

ちなみにこの段階では有料アカウントのノート数、容量共に変化はありません。

エクスポートはあくまでノートのコピーなので、無料アカウントにノートが

作成されたら有料アカウントのノートを手動で削除する必要があります。

ただ有料アカウントから無料アカウントへの共有なので問題はないのですが、

やろうとしていることは無料アカウントから有料アカウントへの共有で、

この場合だと共有を受ける側である有料アカウント上では、共有したノートを

編集することができません。

これで元のノートを消しても、有料アカウントの共有ノートブックから見ることができます。

あくまで目的なのは容量ではなく、ノート数の削減なので、日記やツイエバのログなど

容量の少ないノートをこの方法でどんどん無料アカウント上に移動させ、

共有させれば、50MB容量の無料アカウントでも十分ノート数を減らせると思います。

デメリットとしてノートの作成日がノートを移動させた日になってしまいますが

上限に達してEvernoteが使えない。ということと比べると多少のガマンは

必要かもしれません。

Home > Tags > 容量

Evernote記事検索
Feeds
Meta

ページ上部へ戻る