ホーム > タグ > Evernote

Evernote

デジタルカメラの写真をEvernoteへラクラク自動保存する方法

Evernoteへ家族との大切な写真を保存したり、思い出の1シーンの写真を保存する

ときは、どのような方法で写真画像をアップロードしていますか?

デジカメで撮影しSDカード内で保存された写真を一旦パソコンへ落として、

そこからアップロードだったりするのが一般的です。

イベントでかなりの写真画像を頑張って撮影した後で、自宅でも写真を移動する

手間が出てきます。

週末にまとめて整理したり、忙しい場合は写真をデジカメに入れたままにして

長期間放置してしまうこともあるかと思います。

そうならないようにするために、Evernoteへ自動保存ができるEye-Fiカードを利用して

写真撮影がオススメです。

このEye-Fiとは、愛ファイジャパンが提供しているSDカードです。

SDカードの一種ではあるのですが無線LANを内蔵しデジカメなどで写真撮影すると、

自動で無線LAN経由でPCやEvernoteへ自動保存をすることが可能となる

SDカードになります。

一度、このEye-Fiを購入すれば毎月の携帯電話のような使用料などはかからずに、

自動で写真がEvernoteへアップロードできます。

それでは、EvernoteにEye-Fiを使って自動アップロードする方法をご紹介します。

 

1.Eye-Fi CenterをPCにインストールする
2.Eye-FiカードをPCに挿入し無線LANの設定をする
3.歯車の設定ボタンをクリック
4.[写真] をクリックし [オンライン] をクリック
5.共有を許可します をチェックし [その他のサイト]をクリック
6.Evernoteをクリック
7.Eye-Fi Centerで管理するための名前を入力しリサイズを設定
8.完了

※リサイズはEvernoteの月間容量制限を気にする人は画像サイズを設定しましょう。

 

これで設定は完了です。Eye-Fiは無線LANが接続できる場所で、電源が入っていれば

自動でどんどん写真画像をアップロードしてくれます。

ただし、基本自動でリアルタイムで行いますが、Evernoteへのアップロードにタイムラグの

時間差が生まれるかもしれませんので注意してください。

Evernote以外にも写真画像を保存できるクラウドサービスがありますが、

容量制限があり写真のような容量が大きめのファイルには不向きだったり、写真点数に

限りがあるクラウドサービスもあるので、長期的に見ればEvernoteはオススメです。

毎日の写真保存にも、イベント時などのたまにデジカメを利用する場合にも設定方法を

思い出しながら手間取ることなく楽に写真画像が自動アップロードできます。

 

Eye-Fiの種類はいくつかあり、ConnectX2、MobileX2、ProX2の3種類で

4GB、8GBから選ぶことが可能です。

 

以前は、Evernoteプレミアムの特典が付いていたようですが、現在はないようです・・・

 

※iPhoneやAndroidのスマートフォンでも現在では Eye-Fiアプリ(無償提供)があります。

デジカメからのアップロードをスマートフォンで写真を受けて確認するやり方や、

スマートフォンで撮影した写真画像をアップロードすることができます。

Evernote音声ノートの使い方とその活用方法

 

テキストや画像だけではなく、音声も記憶することがEvernoteではできます。

まずはEvernote音声録音のやり方をマスターしましょう。

 

1.ノートを開く
音声を録音したいノートの編集画面を開きます。

2.アイコンをクリック
マイクの形のアイコンをクリックします。

3.「録音」をクリック
クリックすると、録音がスタートされます。

4.「保存」をクリック
「保存」をクリックすると録音終です。

5.完了
音声をノートに保存することができました。再生ボタンをクリックすると、音声が再生されます。

ノートの上限サイズが25MBなので、会議などで録音する際は録音時間に要注意です。

Evernote音声ノートの活用術です。
何を録音するか?で活用術に幅が広がりますがこれまで手書きだった情報や
両手がふさがっている時などに活躍しそうです。ここでは3つのEvernote音声活用術を紹介します。

①アイデアを音声で記録する
考えを思いついた時に素早くメモする方法は、口に出して録音する方法です。
両手がふさがっている時でもメモをとることができるので、便利な方法です。
電話で話をするようにして耳に当てて音声メモを取れば、
通行中でも少しは恥ずかしくないと思います。
メモのスピードも速くて便利です。

②講義や会議で利用する
会議の音声議事録として使えます。
大学の講義でも板書の補足として音声録音すると、板書の下手な先生の講義の時に安心です。
会議のスピードについていけない時や、新人さんの会議参加の備忘録や、議事録を取る場合
にもEvernote音声ノートは活躍します。

③ラジオやテレビで話している内容をメモ
「思いついたことを音声に記録する」に通じるところがありますが、
ラジオでしゃべっている内容を記録しておくことであとで聞き返すことができます。
テレビやラジオの懸賞など内容を記憶しておくのに利用できます。

Evernote音声機能を活用したアプリ
Evernote音声ノートを記憶するパターンを紹介しましたが、次は記憶した音声ノートを
どう加工・活用するか?で便利なアプリを紹介します。

Voice2Note by Dial2Do
Evernoteに音声メモが大量にある方には、「Voice2Note」が便利です。
ユーザーのEvernoteアカウントにある、全ての音声ノートを自動的に
テキスト変換してくれます。
変換が終わると、テキストが音声ノートに付け加えられるので、
オーディオ・テキスト両方のノートを、同じ場所に保存しておけます。
Voice2Noteは、月5つのノートまで無料です。月額2.99米ドル、
もしくは年額29.99米ドルで無制限利用できます。

Evernoteは容量以外にも制限があった 長期ユーザーは注意したい点

Evernoteは、1ヶ月のアップロード容量(無料会員60MB、有料会員1GB)

以内であれば特にノート数に制限は無いと思っていましたが、実は容量以外で

上限がありました。

Evernoteのノート数に上限があり、ノート数が100,000ということです。

容量を気にせず備忘録としてや、メールのバックアップのつもりで何でも

かんでもEvernoteに入れている人は、深刻な問題なんだと思います。

今すぐ容量もそうですが現在のノート数を確認されることをオススメします。

※上限に達するとフリーズしてしまう・・という情報もあります。

今のところ10万ノートという制限がかかってはいますが、今後成長するにつれて

ノート数や容量など増えたりもするかと楽観的に考えることもできますが、

ノート数の上限は10万から増える予定はない!

という情報をEvernote社から得た方もいるようです。

Evernoteの同期の遅さ、不安定さも自分は容量が多いからかな?とこれまで

みなさんも感じていたところでもありますが・・・

Windowsでもひとつのフォルダに数万ファイルを入れると、容量が増えて途端に

レスポンスが低下したりします。

そこで、容量は大丈夫でもEvernoteノート数の上限を超えた方、間近に

せまっている方のためへ対策法をご紹介します。

1.Evernote無料アカウントをもう1つ作りましょう。

2.現在使用中のアカウントから新アカウントへノートを移動させます。

  ①Evernoteクライアントソフトを立ち上げます。

   (ブラウザからではできないようです。)

  ②適当なノートを選択して右クリック。

  ③ノートのエクスポートを開きます。

  ④きちんと選択した数が表示されていることを確認して.enex形式で

   適当な場所へエクスポート。

  ⑤エクスポート完了後、一度ログアウトして、新規アカウントの方でログイン

  ⑥適当なノートブックを作成して、先ほどのエクスポートしたファイルを

   ドラック&ドロップ

3.これでノートが作成されます。

4.最後にノートの共有設定をします。

ちなみにこの段階では有料アカウントのノート数、容量共に変化はありません。

エクスポートはあくまでノートのコピーなので、無料アカウントにノートが

作成されたら有料アカウントのノートを手動で削除する必要があります。

ただ有料アカウントから無料アカウントへの共有なので問題はないのですが、

やろうとしていることは無料アカウントから有料アカウントへの共有で、

この場合だと共有を受ける側である有料アカウント上では、共有したノートを

編集することができません。

これで元のノートを消しても、有料アカウントの共有ノートブックから見ることができます。

あくまで目的なのは容量ではなく、ノート数の削減なので、日記やツイエバのログなど

容量の少ないノートをこの方法でどんどん無料アカウント上に移動させ、

共有させれば、50MB容量の無料アカウントでも十分ノート数を減らせると思います。

デメリットとしてノートの作成日がノートを移動させた日になってしまいますが

上限に達してEvernoteが使えない。ということと比べると多少のガマンは

必要かもしれません。

Evernoteへ送信 RSS・フィードを活用した連携術

Evernoteを送信先として登録

1.Googleリーダーの設定画面を開き、「送信先」タブを選択します。

2.送信先サービス一覧の下のほうにあるお気に入りのサイトが表示されない場合から
カスタムリンクを作成をクリックします。

3.テキストボックスが表示されるので、Evernoteを送信先として登録します。
名前:Evernote
URL:http://s.evernote.com/grclip?url=${url}&title=${title}

4.入力したら[保存]を押して登録完了です。
気になる記事が送信されます。

リーダーに戻って気になる記事を送ってみましょう。
「気に入りました!」と思う記事を見つけたら下のほうにあるメニューから「送信先」をチェック。
マウスをかざすと下矢印が表示されます。
クリックすると送信先として登録したサービスが表示されるので、「Evernote」を選択してください。

ノートブックの選択とタグ付けできる画面に移ります。

サインインしていない場合は、サインイン画面が先に表示されます。

つけたことのあるタグは数文字入力することで候補が表示されるので便利です。
一度もつけたことのないタグを入力した場合は新規タグとして扱われます。
適当に入力してノートブックに移動するかクリップしたページに移動するかを選択します。

きちんと、指定したノートブックに指定したタグつきでクリップされていました。

ちなみに、クリップ自体は送信先としてEvernoteを選択した時点で行われているようです。
規定のノートブックにタグなしクリップでよければ「ノートブックの選択とタグ付け」は
省略してもOKです。
iPhoneのRSSリーダーから一発でEvernote に投入する方法

『Reeder 』ではデフォルトでEvernoteへの連動ができますが、時々不具合が起きてしまって
使い勝手が悪いです。

そこで、なんとかして確実にEvernote化させる方法はないかと探してみたところ、
ある方法にたどり着きました。

今回は『Sylfeed 』を使って説明します。

Sylfeedでは「はてなブックマーク」や「Read It Later」、「Mobilizer」などは
連携されるものの、肝心のEvernoteが連携されません。Sylfeedから一発でEvernoteに投入するには、
はてなブックマークした記事を自動的にEvernoteに投入するサービスを使います。
「はてブ→Evernote」にするサービスは「hatebte 」を使う必要があります。

これでRSSリーダーの「はてブ」ボタンを押すだけで、あとは自動的にEvernote化してくれます。
この方法を使えば、Evernoteボタンの搭載されていないRSSリーダーでもEvernoteと連携してくれます。

なお、「Sylfeed→はてブ」と「はてブ→Evernote」の間にタイムラグがあるようです。
まあ、すぐにEvernoteで見たいというわけではないの時差は出てしまいます。

他にもEvernoteへ記事を送る連携アプリもあります。

『RSS Flash g lite』という無料アプリがあります。同アプリはGoogleリーダーと連携し、
Google上で登録したサイトの新着フィードを読むことができる。最大の特徴は、
Evernoteとも連携しており、気になったニュースを手軽にEvernoteに送信できることです。

もちろん、これ以外のRSSリーダーアプリでも、メールを介してEvernoteに送信可能です。
Evernoteアプリの設定画面を見てもらえるとわかりますが、同アプリには「Evernoteのメールアドレス」
というものがあります。それをiPhone、iPadに設定し、RSSリーダーアプリからEvernoteに向けて
情報を送れるようになっています。この機能を活用すれば、外出先でもチェックしたニュースを
Evernoteに送信し管理することが可能になります。

Evernote連携アプリとしてインターフェイスや使い勝手なども試してみながら自分の気にいった
連携を活用してみて下さい。

Evernote セキュリティ向上のため私たちにできること

まずはEvernoteが発表しているEvernoteのデータ保護に関する三原則を知って
情報や基本ルールを熟知しましょう。

Evernoteで行うことのすべては、次の三つの基本ルールに基づいています。

あなたのデータはあなた自身のものです
あなたのデータは保護されています
あなたのデータは取り出し可能です

1. あなたのデータはあなた自身のもの
Evernoteはあなたのデータを所有しません
。Evernoteに、ノートやいろいろなコンテンツを保存しても、そのコンテンツの所有権や
著作権が変わることはありません。もしそのデータがあなたのオリジナルであれば、
Evernoteに保存された状態でも、それはあなたの所有物なのです。
Evernoteにデータを保存するということは、サービスを運営するためにあなたのデータを
扱う許可を私たちに与えているということになります。
たとえば、あなたが保存したデータのバックアップをとることや、ネットワーク上で伝送すること、
検索のためにインデックスを作成すること、携帯やスマートフォン上で表示すること、
などが挙げられます。これらを行うためには、私たちのビジネスパートナー
(Evernoteのサービスを提供するために契約を交わしているネットワークオペレーター等)に対して
あなたのデータを送信することが必要になります。
私たちがEvernoteのサービスを運営するために、限定的な許可を得ている以外は、
あなたのデータのすべての権利はあなたにあります。

2. あなたのデータは保護されています
Evernoteに保存されるデータは、デフォルトで非公開設定となっています。
運営している私たちが、そのデータを閲覧、分析、共有、ターゲティング広告に利用したり
データマイニングに使ったりすることは決してありません(あなたが私たちにそれを依頼しない限り
)私たちのビジネスモデルは、いかなる方法であれあなたのデータをマネタイズするということに
依存していません。信頼を構築し、素晴らしいサービスを提供し続けていくことで、
プレミアムアカウントを選択してもらうようにしていきたいと考えています。
Evernoteには、他の人にノートを公開したり、共同編集できる機能がありますが、
これはあくまでもオプションであって、使うかどうかはあなた次第です。
もしご自身のEvernoteアカウントに、私たちのビジネスパートナーの製品やサービスを経由して
アクセスすることを選んだ場合、そのビジネスパートナーにあなたのデータにアクセスすることを
許可したことになります。その場合でも、あなたのEvernoteデータにパートナーのアプリケーションが
どのようにアクセスするかを表示します。これをやめたいときは、いつでもアクセスをOFFにすることができます。
加えて、不慮の事故や情報盗難からあなたのデータを守るための様々な措置を講じています。
Evernoteで同期されるノートブックにアップロードされたすべてのデータは、セキュアなデータセンターに
ある複数の冗長サーバーとストレージ、およびオフサイトでバックアップされています。
Evernoteクライアントとサーバー間の通信は、業界標準のSSLで暗号化されています。
あなたのパスワードはサーバー上には保存されません。またEvernoteスタッフがパスワードを
問い合わせることはありません。

3. あなたのデータは取り出し可能です
Evernoteはユーザーのデータをロックすることはしません。あなたがEvernoteに情報を入れ、
また引き出すことがいつでも簡単にできるようにコミットしています。
デスクトップソフトウエアでは、すべてのノートを人でも読める形式のHTML形式と、
マシンが理解できるXML形式の両方でエクスポートできるようになっています。
また、あなたのデータにアクセスできる無料のAPIも用意しています。
つまり、「その気になればいつでもEvernoteを使う事をやめることができる」という事実を
はっきりさせておくからこそ、「ぜひ使い続けたい」とより確信を持って思って頂けるのではないかと。
これが私たちの理念です。

以上がEvernoteが発表しているデータ保護に関する三原則になります。
2の 不慮の事故や情報盗難からあなたのデータを守るための様々な措置を講じています。
とありますが、Webの世界では完璧なセキュリティは残念ながらありません。

Evernoteはクラウド対応の便利なWebサービスですが、セキュリティに関しては強化しても
新たな攻撃がないとは言い切れません。特にビジネスで活用するならデリケートになってしまいます。
そこで、Evernoteセキュリティレベルを上げる方法をご紹介します。

Evernoteに機微なテキストを保存する際には、テキストを暗号化する方法があります。
この際の暗号化パスワードはサーバー(ノート)には保存されないということですので、
仮にノートの情報が漏洩しても、テキストの内容までは漏洩しにくくなることが期待出来ます。

テキストを暗号化する作業は、PC版あるいはMac版のEvernoteクライアントを使います。
暗号化のための領域を適当な文字列で確保。ドラッグで暗号化したい文字列を選択します。

「フォーマット」メニューから「選択した文字列を暗号化する」を選択
コンテキストメニュー(マウスの右クリック)から、「選択した文字列を暗号化する」を選択
すると、パスワードを入力する画面が表示されます。
パスワードを2回入力します。また、パスワードを思い出すためのヒントをオプションで入力します。
すると、選択状態の箇所が四角い枠で囲まれるので、その場所に暗号化したい内容を入力します。
場所取りのために入力した文字列は消します。作業が負担であれば、
暗号化したい文字列を先に入力してから暗号化操作をしてもよいですが、
秘密の文字列がEvernoteのサーバーに、Evernote社に読み取り可能な形式で送信される可能性があります。
このままセーブすると、錠前のアイコンとして表示されるようになります。
暗号化テキストを平文で表示するためには、このアイコンをダブルクリックするか、
アイコンを選択した状態からコンテキストメニューで「暗号化したテキストを表示する」を選択し
パスワードを入力します。

すると暗号化テキストは表示されます。
一方、「やはりパスワード入力するの大変だし、暗号化はやめよう」という場合は、
コンテキストメニューから「暗号化を完全に解除する」を選択して下さい。
錠前アイコンをクリック(ダブルクリックではない)すると、パスワード入力の画面が表示されます。
パスワードを入力すると暗号化テキストが表示されます。

注意点
パスフレーズを忘れた場合に再設定する機能は用意されていませんので注意してください。
暗号化の対象となるのはテキスト、書式、表などで、画像は対象ではありません

以上がEvernoteのセキュリティレベルを上げるための方法でしたが、これから
Evernote社がセキュリティ向上のため2段階認証を導入するかもしれないという情報もあります。

不正アクセスが発覚したことを受け、再発防止のために2要素認証(2段階認証)を導入する計画を
明らかにしたそうです。
2013年にEvernoteは不正アクセスを受けたとして、すべてのユーザーのパスワードをリセットしました。
今回の2要素認証プロセスの導入は、更なるセキュリティの向上を目的としているとみられています。
2要素認証は、Gmailアカウントへの不正アクセスが明らかになった際にも注目されました。
通常のID・パスワードに加えてどのような要素がログイン時に必要になるのかはまだわかっていませんが、
ほかのサービス同様に固有のパスコードを使った認証となるのでしょうか。
今後のEvernoteのセキュリティ向上の動きには期待したいです。

ショートカットキーで活用スピードを上げるコマンド一覧

パソコンでは、ほとんどのマウスによる操作がキーボードのショートカットキーで

できるようになっています。有名なところでは、

[Ctrl]を押しながら C で コピー  というのがあります。

このキーボードショートカットキーを使うと、マウスの「右クリック→コピー」よりも、

数倍早く操作ができます。

これ知ってるのと知らないのとでは、大きく差がつきますね。

ただ、この便利なショートカットキーも、すべてのソフトやアプリケーションで

同じように使えるかって言うと、そうじゃないです。

WindowsとMacでも異なりますし、同じように使える物もあるんだけど、

このソフトでしか使えない・・・というのもあります。

Evernoteでも便利なショートカットキーが用意されているので

WindowsとMac版のショートカットキーをご紹介します。

【Windowsショートカットキー】

新規ノートの作成 Ctrl+N
新規ノートを別ウィンドウで開く Ctrl+Alt+N
新規インクノートの作成 Ctrl+Shift+I
新規音声ノートの作成 Ctrl+Shift+U
新規Webカメラノートの作成 Ctrl+Shift+W
新規タグの作成 Ctrl+Shift+T
新規ノートブックの作成 Ctrl+Shift+N
印刷 Ctrl+P
印刷プレビュー Ctrl+Shift+P
Evernoteの終了 Ctrl+Q
選択範囲を新規ノートに貼付け Windowsキー+A
スクリーンキャプチャ Winキー+PrintScreen
書式クリアで貼付け Ctrl+Shift+V
コピーした内容を新規ノートに貼付け Ctrl+Alt+V
同期 F9
取消す Ctrl+Z
やり直す Ctrl+Y
切り取り Ctrl+X
テキストとしてペースト Ctrl+Shift+V
解除 Delete
ノート内を置換 Ctrl+H
スペルチェック F7
スタイルを削除する Ctrl+Spaceキー
選択されたノートをマージ Ctrl+Shift+M
ノートを検索 F6
検索をリセット Ctrl+Shift+A
ノート内を検索 Ctrl+F
次を検索 Ctrl+G
前を検索 Ctrl+Shift+G
Evernote内を検索 Ctrl+Winキー+F
フォント編集 Ctrl+D
ボールド Ctrl+B
イタリック Ctrl+I
アンダーライン Ctrl+U
取り消し線 Ctrl+T
水平線の挿入 Ctrl+Shift+ー
チェックボックスの挿入 Ctrl+Shift+C
選択したテキストを暗号化する Ctrl+Shift+X
日付と時刻の挿入 Ctrl+:
ハイパーリンクを追加 Ctrl+K
ハイパーリンクを編集 Ctrl+Shift+K
ハイパーリンクを削除 Ctrl+Shift+F9
箇条書きリスト Ctrl+Shift+B
番号付きリスト Ctrl+Shift+O(オー)
インデントを増やす Ctrl+M
インデントを減らす Ctrl+Shift+M
左揃え Ctrl+L
中央揃え Ctrl+E
右揃え Ctrl+R
両端揃え Ctrl+J
リストビュー Ctrl+F5
サマリービュー Ctrl+F6
サムネイルビュー Ctrl+F7
リスト→サマリー→サムネイルビューで切り替え F5
ノートブックを非表示 F10
ノート選択を非表示 F11
ノートパネルを表示 Ctrl+F11
検索の詳細を表示 Ctrl+F10
ノートの情報を表示 F8
編集ツールバーを表示 Ctrl+F8
選択されたノートを別ウィンドウで開く Ctrl+Enter
タグの割り当て Ctrl+Alt+T
Evernoteサポートに飛ぶ F1
ノートのタイトルにカーソル移動 F2
タグにカーソル移動 F3
全てのノートブックに表示 F6
単語単位でカーソル移動 Ctrl+十字キー右or左
選択されたノートをSNSで共有 Ctrl+Shift+E

【Macショートカットキー】

環境設定 command+,
Evernoteを隠す command+H
他のサービスを隠す option+command+H
Evernoteを終了 command+Q
新規ノート command+N
新規タグ control+command+T
新規ノートブック shift+command+N
新規Evernoteウィンドウ option+command+N
スクリーンショットをクリップ control+command+C
同期 control+command+S
閉じる command+W
保存 command+S
ページ設定 shift+command+P
プリント command+P
添付ファイルのクイックルック command+Y
書式クリアでペースト shift+command+V
削除 command+Delete
選択したテキストを暗号化 shift+command+X
ノートを検索 option+command+F
検索を保存 option+command+S
検索をリセット command+R
ノート内を検索 command+F
次を検索 command+G
前を検索 shift+command+G
選択部分へジャンプ command+J
スペルと文法を表示 command+:
スペルチェック command+;
ノートをマージ shift+command+M
ツールバーを隠す option+command+T
リストビュー command+1
サマリービュー command+2
サムネイルビュー command+3
割り当てのないタグを非表示 shift+command+A
ノート情報を表示 option+command+I
選択したノートに移動 command+L
戻る command+[
進む command+]
フルスクリーンにする control+command+F
しまう command+M
アクティビティ command+O(ゼロ)
フォントパネルを表示 command+T
カラーパネルを表示 shift+command+C
箇条書きリストの切り替え shift+command+U
番号付きリストの切り替え shift+command+O(オー)
リンクの追加 command+K
リンクの削除 shift+command+K
ボールド command+B
イタリック command+I
アンダーライン command+U
大きく command++
小さく command+-
左揃え command+shift+{
中央 command+shift+|(デリート横のキー)
右揃え command+shift+}
To Doを挿入 shift+command+T
表を挿入 shift+command+L
水平線を挿入 shift+command+H
スタイルを削除する shift+command+F
一文字前進 control+F
一文字後退 control+B
前の行へ(上) control+P
次の行へ(下) control+K
行の先頭へ control+A
行の末尾へ control+E
カーソルを画面の中央へ control+L
一文字削除 control+D
カーソルの位置から行の先頭まで削除 command+BackSpace
カーソルの位置から行の末尾まで削除 control+K
削除した内容を貼り付け control+Y

すべてのEvernoteショートカットキーをマスターするのは難しいことかも

しれませんが、2,3個でもショートカットキーを使い始めるだけでも、格段に

効率やスピードも上がると思います。

この機会にEvernoteショートカットキーを使い始めてはどうでしょうか?

Home > Tags > Evernote

Evernote記事検索
Feeds
Meta

ページ上部へ戻る