ホーム > タグ > Evernote ノート 共有

Evernote ノート 共有

Evernote共有設定、ノート公開の方法

ノートブックの共有の手順です。

1.共有用のノートブックを作成
2.ノート作成
3.共有設定
①まずは作成したノートブックの矢印をクリック
②「公開リンクを作成」をクリック
③好きな文字列を入力
(後で貰える共有リンクURLの末尾に文字列が挿入されます)
④公開リンクURL取得
4.告知&確認
後は、このURLをメール・Twitter・Facebook等で教えるだけです。

PC・iPhone・iPadなどネットに繋がる環境と端末があれば閲覧可能です。

特定の人と限定的に共有したい時は、
共有ノートブック機能を使えば、Evernote を利用している特定のユーザーとだけ共有できます。
共有していない人には見ることができません。
議事録や報告書など、特定グループで情報を共有する場としてだったり、プロジェクトに関する資料を
メンバーだけで共有する、素材集をグループで共同利用したりできます。

不特定多数の人に広く一般公開したい時は、
ノートブックを公開ノートブックに設定すれば、Evernote を利用していないユーザーでも見ることができます。
Evernoteを利用している人は自分のアカウントにノートブックを登録することもできます。

利用シーンの例としては公に公開したいブログやツイッター等の代わりとしてや、
自分の作品のポートフォリオを公開する場として利用できます。

Evernoteのノート共有とノート公開の違いは、
ノートブックの共有と公開の違いは、共有される人の権限や、Evernote アカウントの要・不要などです。
1つのノートブックに、共有と公開の両方を設定することもできます。
Everenote共有アプリ紹介 SAP Streamwork

仕事で利用できる、Evernote用の共有オプションはないものかと思っていた方には
「SAP Streamwork」が役に立つかもしれません。
共有の中心にあるハブとして使用すれば、Evernoteの通常機能をStreamworkで共有しながら、利用できます。
直接Evernoteから共有できず、毎回Streamworkを経由してノートをインポートしなければいけないのが
少々手間かもしれませんが、共有するには非常に使えるツールとなっています。
プロ版は月額9米$、ベーシック版なら無料で試すことができます。

Home > Tags > Evernote ノート 共有

Evernote記事検索
Feeds
Meta

ページ上部へ戻る