ホーム > タグ > Evernote プロジェクト管理

Evernote プロジェクト管理

Evernoteでプロジェクト管理 ざっくり管理~詳細管理もできる!

Evernoteでプロジェクト管理することは、可能なのでしょうか?

よくEvernoteが利用されているシーンではToDo管理で使われることが多いようです。

チェックボックスを使い、買い物のチェックリスト、仕事のチェックリスト、欲しいものチェックリスト・・

などEvernoteの1つのノートにリストとして書き出して利用する事もあります。

Evernoteでプロジェクト管理となると複雑なイメージもあり、シンプルなノートというイメージの

あるEvernoteではその役割は担えないのか?とも感じるところですが、そうではないようです。

しっかりと仕事でもプライベートでもプロジェクト管理として機能させるに十分な役割を

担えるようなのでご紹介していきます。

シンプルなEvernoteでプロジェクト管理をするために、事前設定が必要となります。

①ノートを作成する

プロジェクトの中の取り組みを一覧としてEvernoteのノートタイトルとして作る

②各ノートをスタックでまとめる

③タブの設定で、時間や場所、チームなどで振り分ける

以上で終了です。

細かな取り組みに関してはノートの中に記載すると良いでしょう。

階層のイメージとしては、

○○小学校遠足プロジェクト (スタック)

・事前準備する           (ノート)

□おやつの予算を母からもらう  (ノートの中に記載)

□おやつを商店に買いにいく

・当日の準備をする

□水筒にポカリを入れる

□弁当をリュックサックに入れる

こういったEvernoteノートイメージです。

これに、タブを設定するのですがコツとしては時間、場所など上記のToDoでは

仕分けジャンルとして分けにくいもの、なおかつ重要だと思う基準で作るとスムーズに

段取りもできます。

例えば時間の場合だと

・1週間前

・2日前

・1日前

・当日

場所だと

・お家

・学校

・バスの中

・公園

といったように、時間基準だとそれぞれのEvernoteノートのタグづけをし、

時間ごとにやる段取りが見えますし、場所だとその遠足の道中でやることTodoがわかり

スムーズに忘れることなくプロジェクトを進行できます。

タグ管理まで行うと少し複雑になってきてしまいますが、長期プロジェクトや複数の人が

関わるような一定の大きさのものだと、Evernoteのタブ機能までを使ったプロジェクト管理

がオススメなような気がします。

Evernoteでプロジェクト管理をする際には、ぜひ共有機能も利用していきましょう。

共同でプロジェクトを進めたり管理しなければならないメンバーとも情報共有をはかることが

可能となります。

もし、プロジェクトの途中で異動や退職など流動的な動きがあったとしても、個人のフォルダに

管理されているわけではなく、プロジェクト内容はすべてEvernoteに記憶させているので

イレギュラーが発生したとしても安心してEvernoteならプロジェクト管理・進行ができます。

Evernoteのリマインダー機能を使えば、期限になるとアラーム設定をすることもできます。

複雑に絡み合うプロジェクトを上手に進めるための有効なツールです。

プロジェクトに必要な領収書やレシート、取引先の名刺までも一括管理・共有を

することができます。この辺りはEvernoteが得意としている分野なので管理する

手間も格段に減ると思います。

Home > Tags > Evernote プロジェクト管理

Evernote記事検索
Feeds
Meta

ページ上部へ戻る