ホーム > タグ > Evernote 容量

Evernote 容量

Evernoteを容量アップ プレミアム容量を安くする8つの方法

Evernoteは基本的には容量無制限で利用ができます。

この”基本的に”というのは、毎月 60MB まではアップロード可能で、

保存容量は無制限という意味です。毎月60MBで抑えておきながら毎月

保存ができるので時間の経過とともに容量は無制限となります。

ですが、毎月という容量制限がありEvernoteをプライベートや仕事で使いこなして

いるヘビーユーザーには毎月この容量では収まらないのかもしれません。

そこで、Evertenoの容量をアップさせる方法をご紹介します。

 

・Evernote プレミアムに申し込む

毎月保管できる容量が拡張し、1GBまでアップロードが可能に。保存容量は無制限

・Evernote Businessに申し込む

  個人のノートブックは毎月2GB までアップロード可能、保存容量は無制限

・月ごとの容量アップに申し込む

上記のサービスに申し込んだ方限定で更に追加容量をアップすることができます。

月払い: 1GB 単位の購入、月間最大 5GB まで増加可能

年払い: 年間最大 25GB まで増加可能

 

Evernoteの容量アップに申し込むには有料となります。

・Evernoteプレミアム 月/450円  年/4,000円

・EvernoteBusiness 1ユーザー 1,100円/月

 

ここまでが通常のEvernote容量アップ方法となりますが、容量をアップするため

には有料になってしまいます。どうしても無料のままEvernoteを活用したい!

費用は少しでも抑えたい!という方のために無料・もしくは安くで容量アップする方法

をまとめました。

 

・友達を紹介する

Webのサービスによくある友達紹介サービスはEvernoteではつい最近からスタート

しました。Evernoteをまだ利用していな友達や家族、同僚を紹介してポイントを貯める

ことができます。紹介された人はEvernoteプレミアムが1ヶ月間付与され、紹介した人は

ポイントを獲得することができます。そのポイントを貯めてプレミアムに交換することが可能です。

 

・MOLESKINE

伝説的ノートブックと言われているEvernoteとも連携しているノートを購入することで

Evernoteプレミアムに申し込むことが可能です。MOLESKINEはメモ帳やスケジュール帳、

旅行専用のノートなどを展開していますがEvernoteとも連携を前提としたノートも販売

しているのでそのノート購入することでプレミアムに申し込む権利が付与されます。

日ごろからWebも、紙のノートも活用する方にはお得な内容となります。

すでにEvernoteプレミアムに申し込みをしている方は、ポイントが獲得できます。

 

・ドコモの携帯から申し込む

実はドコモはEvernoteに出資しています。その関係か、プレミアムの権利をドコモ

ユーザーは1年分もらうことができます。(ドコモユーザーでAndroid/iPhone利用者)

特定の機種を保有しているユーザーはさらに3ヶ月分を付与されます。

 

・Evernote プレミアムパック 3年版 を購入する

大手家電サイトやWeb系通販サイトで購入することができ、通常あたり1年4,000円

ですが、こちらの3年版の権利を購入することで1年当たり3,300円程(価格は変動あり)

と実質的にEvernoteプレミアムを安くすることができます。

 

・ポストイット Evernoteプレミアムコード付き を購入する

普段からポストイットを愛用している方はこちらの製品を購入することでEvernote

プレミアムに入れるコードを手に入れることができます。製品のパック数によって

Evernoteプレミアムの月間数がことなりますので注意して購入しましょう。

 

・scan snapを購入するとプレミアムがついてくる

スキャナーで爆発的に売れて定番化しているscan snapのEvernote Edition版を

購入することで、プレミアムが1年間ついてきます。Evernoteをこれから本格的に

使用したい方には非常にオススメです。この製品は、名刺やレシートなどを区別し

一気にスキャニング・Evernoteへ連携することができます。

 

・iTuneカードを割引価格で買って安くする

このカードをセール時に購入し、アプリ内課金で支払いをする方法です。

時には30%OFFになることもあるようですが、年に数回程度とタイミングを待つ

必要があります。30%まではいかなくても、10%、15%OFFと割引をしている

ことがあるので、そのタイミングで通常価格よりEvernoteプレミアム代金を安く

することは可能です。

 

・使えるタイミングは世界情勢次第 ドルで支払う

これは円高の時にしか使用することができません・・・。Evernoteの設定で

国・地域を選択する項目があるのですが、そこを米国に設定し支払いをする。と

単純な作業だけでプレミアム容量を獲得することができます。

ただ、繰り返しになりますが円高のみ利用可です。円安時だと逆効果に・・・。

Evernoteは容量以外にも制限があった 長期ユーザーは注意したい点

Evernoteは、1ヶ月のアップロード容量(無料会員60MB、有料会員1GB)

以内であれば特にノート数に制限は無いと思っていましたが、実は容量以外で

上限がありました。

Evernoteのノート数に上限があり、ノート数が100,000ということです。

容量を気にせず備忘録としてや、メールのバックアップのつもりで何でも

かんでもEvernoteに入れている人は、深刻な問題なんだと思います。

今すぐ容量もそうですが現在のノート数を確認されることをオススメします。

※上限に達するとフリーズしてしまう・・という情報もあります。

今のところ10万ノートという制限がかかってはいますが、今後成長するにつれて

ノート数や容量など増えたりもするかと楽観的に考えることもできますが、

ノート数の上限は10万から増える予定はない!

という情報をEvernote社から得た方もいるようです。

Evernoteの同期の遅さ、不安定さも自分は容量が多いからかな?とこれまで

みなさんも感じていたところでもありますが・・・

Windowsでもひとつのフォルダに数万ファイルを入れると、容量が増えて途端に

レスポンスが低下したりします。

そこで、容量は大丈夫でもEvernoteノート数の上限を超えた方、間近に

せまっている方のためへ対策法をご紹介します。

1.Evernote無料アカウントをもう1つ作りましょう。

2.現在使用中のアカウントから新アカウントへノートを移動させます。

  ①Evernoteクライアントソフトを立ち上げます。

   (ブラウザからではできないようです。)

  ②適当なノートを選択して右クリック。

  ③ノートのエクスポートを開きます。

  ④きちんと選択した数が表示されていることを確認して.enex形式で

   適当な場所へエクスポート。

  ⑤エクスポート完了後、一度ログアウトして、新規アカウントの方でログイン

  ⑥適当なノートブックを作成して、先ほどのエクスポートしたファイルを

   ドラック&ドロップ

3.これでノートが作成されます。

4.最後にノートの共有設定をします。

ちなみにこの段階では有料アカウントのノート数、容量共に変化はありません。

エクスポートはあくまでノートのコピーなので、無料アカウントにノートが

作成されたら有料アカウントのノートを手動で削除する必要があります。

ただ有料アカウントから無料アカウントへの共有なので問題はないのですが、

やろうとしていることは無料アカウントから有料アカウントへの共有で、

この場合だと共有を受ける側である有料アカウント上では、共有したノートを

編集することができません。

これで元のノートを消しても、有料アカウントの共有ノートブックから見ることができます。

あくまで目的なのは容量ではなく、ノート数の削減なので、日記やツイエバのログなど

容量の少ないノートをこの方法でどんどん無料アカウント上に移動させ、

共有させれば、50MB容量の無料アカウントでも十分ノート数を減らせると思います。

デメリットとしてノートの作成日がノートを移動させた日になってしまいますが

上限に達してEvernoteが使えない。ということと比べると多少のガマンは

必要かもしれません。

Home > Tags > Evernote 容量

Evernote記事検索
Feeds
Meta

ページ上部へ戻る