ホーム > タグ > Evernote ToDo管理

Evernote ToDo管理

EvernoteでToDo管理する方法と、そもそもToDo管理とは?

EvernoteでToDo管理をするのにはいくつかのメリットがあります。

そのメリットをご紹介する前に、そもそもToDoとはなんでしょうか?

ToDoとは英語で直訳すると、すること、です。

プライベートでは、週末にスーパーで買うものが多いので

買う物(ToDo)リストを作成する。であったりビジネスだとやる事(ToDo)

リストだと思います。ToDoリストは下記のようになります。

 

ToDoリスト(ビジネスでやること)

□問い合わせのTELをする

□見積もりをもらう

□エクセルに入力し比較する

□購入の稟議を上げる

□購入のTELをする

 

このような一連の流れを一つひとつの作業を分解し、忘れないように

またわかりやすいようにリスト化し、作業量が膨大になっても進捗管理を

しやするするために使うことが多いと思います。

さて、そのToDo管理は、Evernoteでも利用することができます。

メリットがいくつかあるのですが、その一つ目は、Evernoteはクラウドサービスなので

自宅でも会社でも、外出先でもToDoを閲覧・編集することができます。

二つ目は、どの端末からもアクセスできます。外出先でノートパソコンの

バッテリーが切れた緊急時でも、ネットカフェからアクセスできたり、空港や一部

端末を貸出し出来る所ならすぐにEvernoteのToDo管理にアクセスが可能です。

三つ目は、情報の一極集中ができます。世の中には様々な便利なアプリや

スケジュール管理ツール、ToDo管理があふれていますが、画像保存のツール、

ワード、エクセルなどのオフィス系の保存先、メモ書きなどそれぞれを別のアプリや

ツールで管理すると、どこに何を保管していたか?を思い返すことに時間を

要してしまいます。

それがEvernoteならこれらすべてとToDo管理を一つに統合することが可能です。

 

・よりToDoに!チェックボックスを利用する

Evernoteに備えつけられた機能としてチェックボックスがあります。

ToDoをリスト化しやる事を終えるとボックスにチェックを入れる機能です。

これでToDoを思い通りに管理する事が出来ます。

 

・リマインダー機能を活用する

目覚まし時計のアイコンをクリックすると設定することができます。

この機能は、対応するプラットフォーム上にポップアップ表示されるよう設定を

したり、メールを配信することも出来ます。

出張での準備や、誕生日に週末でプレゼントを購入するや、仕事の

プロジェクト管理の一つ。にも活用することができます。

Home > Tags > Evernote ToDo管理

Evernote記事検索
Feeds
Meta

ページ上部へ戻る